高尾「パチンコCR貞子3D」の新台スペックや4大激アツ演出・予告・リーチ信頼度の詳細

CR貞子3Dの新台スペックや4大激アツ演出・予告・リーチの詳細

高尾のパチンコ新台機種「CR貞子3D」の新台スペックや4大激アツ演出・予告・リーチ演出の詳細情報です!
(交換率別のボーダー情報や演出期待度を追記しました)

今回のCR貞子3はホラーパチンコ「リング」と同じ系統ですが、発売・開発メーカーは藤商事ではなく高尾となっています。
スペックに関しては、前情報と同様にマックスタイプのV-STタイプで登場予定。
ホールへの導入日は4月6日(月)予定となっています。

関連記事:CR貞子3DWXAが検定通過

高尾パチンコ新台「CR貞子3D」の新台スペック情報

基本スペック

型式名:CR貞子3D WXA
メーカー:高尾
タイプ:マックス(V-ST)
導入日:2015年4月6日(月)予定
販売台数:調査中
大当たり確率:1/387
高確率:1/96.9
賞球数:3 & 3 & 14
カウント:10カウント
ラウンド数:1ラウンド or 10ラウンド or 13ラウンド or 16ラウンド
ST突入率:50%
ST回転数:155回転
時短回転数:通常大当たり後100回転
出玉性能:約2200個(16ラウンド時)

ヘソ入賞時ラウンド振り分け

1ラウンド確変(電サポ155回転):5.6%
10ラウンド確変(電サポ155回転):44.4%
10ラウンド通常(電サポ100回転):50%

電チュー入賞時ラウンド振り分け

10ラウンド確変(電サポ155回転):31.6%
13ラウンド確変(電サポ155回転):18.4%
16ラウンド確変(電サポ155回転):50%

CR貞子3Dの攻略ポイント・ボーダーライン

交換率別のボーダー一覧(千円辺りの回転数)

・等価交換(4.0円):約17.5回
・28玉交換(3.5円):約19.0回
・33玉交換(3.0円):約20.0回
・40玉交換(2.5円):約22.0回

CR貞子3Dの4大激アツ演出

CR貞子3Dの4大激アツ演出です。
「貞子3D」と言うだけあり、3D表示の演出発生時はチャンスアップとなります。
4大激アツ演出の中では「突貞子演出」「貞子字群」の2つが3D演出対応となっています。

【激アツ:突貞子演出】
なりそこない貞子出現で高期待度リーチへと発展!

CR貞子3Dの4大激アツ:突貞子演出詳細

【激アツ:Sの復活ゾーン】
S図柄揃いで突入する前兆ゾーン

CR貞子3Dの4大激アツ:Sの復活ゾーン演出詳細

【激アツ:Sチャンス】
ボタンの色やバイブの有・無にも注目!

CR貞子3Dの4大激アツ:Sチャンス演出詳細

【激アツ:貞子字群】
3Dで出現する群予告。他にも複数のパターンが…!?

CR貞子3Dの4大激アツ:貞子字群演出詳細

CR貞子3Dの予告演出詳細

先読み系予告演出

【保留先読み演出】
保留変化の期待度は「 白 < 青 < 緑 < 赤 < 金 < レインボー 」の順で変化。 保留アイコンに貞子出現時やカラス出現からも保留が変化するパターンも存在します。

CR貞子3Dの保留変化詳細

【ボタン先読み演出】
変動開始時にチャンスボタンが変化する事が…?
ボタンの動きにも注目!

【先読みゾーン:戦慄ゾーン】
突入時「なりそこない貞子」出現でチャンスアップ!
ゾーン滞在中は「貞」の文字を探しながら逃げる演出です。

【先読みゾーン:貞子接近ゾーン】
液晶左下の「貞子接近!?」が表示中に滞在する先読みゾーンです。
「貞子接近!?」の周りの帯の色に注目!

予告演出

【激アツ!呪いの動画演出】
通常時の「貞」図柄揃いから突入する予告演出です。
最終的にストーリーリーチへと発展。

CR貞子3Dの呪いの動画予告詳細

【盤面チェンジ予告】
残留思念ルーレット・リーチに発展

【生贄集め予告】
井戸に生贄を集める予告演出。
突入時のタイトルの色に注目!

【貞子ターゲット予告】
貞子になってターゲットを襲う予告演出。
3人呪う事が出来ればチャンスアップ。

【貞ランプ予告】
貞ランプが全て点灯すれば「貞図柄」停止?

【文字ステップアップ予告】
出現する文字によって発展先を示唆。

【生贄落下予告】
生贄が落下しながら図柄を変更!「貞」文字を狙う。

CR貞子3Dのリーチ演出詳細

アイテム系リーチ

アイテム系リーチはタイトルの色・アイテムの色で期待度が変化します。
ストーリーリーチへの発展に期待です。

【大当り期待度:大】
・狂気の壁リーチ
・更なる遺跡リーチ
・儚い被害者リーチ
・残された遺留品リーチ
【大当り期待度:小】

茜系リーチ&貞子系リーチ

茜系リーチは映画を題材にCG化したリーチ、貞子系リーチは貞子が図柄を変化させるリーチ演出。
共にタイトルの色やアイテムの色で期待度が変化します。

【茜系リーチ】
・呪いの呪縛リーチ:大当り期待度小
・呪いの連鎖リーチ:大当り期待度小
・呪いの侵食リーチ:大当り期待度中

【貞子系リーチ】
・なりそこない貞子リーチ:大当り期待度中
・貞子リーチ:大当り期待度中

【リーチ中のカットイン期待度(両リーチ共通)】
スマホカットインの色別期待度は「 青 < 緑 < 赤 < キレパンダ < ゴールデンキレパンダ 」の順で変化。
キレパンダ出現時は期待度急上昇となります!
他にも「貞子3D」のタイトルカットインも存在、こちらも激アツ対応。

CR貞子3Dの呪いのカットイン期待度詳細

ストーリーリーチ

ストーリーリーチはリーチ演出の中で最も大当り期待度が高いリーチ演出。
合計5つのストーリーリーチが用意されており、最も信頼度が高いのは「退治」「結末」のリーチです。

【最強リーチ:ストーリーリーチ期待度一覧】
・復活リーチ
・遭遇リーチ
・強襲リーチ
・退治リーチ
・結末リーチ

CR貞子3Dの呪いのストーリーリーチ期待度詳細CR貞子3Dの呪いのストーリーリーチ期待度詳細2

全回転リーチ

全回転が発生した時点で大当り濃厚となるプレミア演出!
手役物が貞役物を掻き崩し、映画版とシンクロしたオリジナル演出が展開されます。

CR貞子3Dの解説付き試打動画

CR貞子3Dの試打動画・実践動画

劇場版「貞子3D」とは


【概要】
『貞子3D』(さだこスリーディー)は、2012年5月12日に公開の日本のホラー映画。
監督はそれまでのリングシリーズを監督していた中田秀夫や鶴田法男ではなく『高校デビュー』の英勉。
脚本も高橋洋ではなく藤岡美暢と英勉の共同脚本となっている。主演は石原さとみ。

キャッチコピーは「”S”の復活-」。
2013年8月30日には続編『貞子3D2』が公開された。

鈴木光司書き下ろし『エス』を原作とし、『リング』シリーズ完結後の約12年後に製作された。
『リング』『らせん』『リング2』『リング0 バースデイ』に続く映画シリーズ第5作で、シリーズ初の3D立体映画(3D/2D同時公開)となる。

ストーリーは『エス』の忠実な映画化ではなく、同作の登場人物や各種設定を応用して映画オリジナルの物語に再構築したもので、最大の違いは原作で間接的に登場するにすぎない山村貞子を、旧映画シリーズ同様に殺人モンスターとして登場させており、ジャンルとしては旧映画シリーズの系譜上にある作品となっている。

※4月6日:ボーダー情報・演出関連情報を追加更新しました。
※2月12日:スペック情報を追加更新しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。