パチスロライター来店に警察の指導が入るか!? 2015年はライター来店規制が入る可能性も

パチスロライター来店規制に京都府警が物申す

業界ブログにてパチスロライターの来店イベントに対して規制が入るかも?との記事が出ており、話題になっています。
元々、イベント規制が行われた辺りから「ライター来店」「芸能人来店」などの来店系イベントの開催が活発になりました。
今でも地域によっては来店系の企画は一切NG、もしくは条件付での企画開催が行われていますが、これについて指導が入るかも。という内容です。

パチスロライター来店イベントに規制が入るか?警察の動きは


世の中はアベノミクスで好景気だが、
パチンコ業界は、客が減り円安で部品代も上がり、
カジノ法案や、機械射幸性規制・換金規制、宣伝規制など先行きの見通しが立たない。
雰囲気は悪い。

そういえば、こないだ京都で警察のお偉方が組合の集まりとかで、
ライターイベントなどまだイベントをやっていることに、相当怒っていたそうだ。
ライター系は来年大変そうね。

イベントと異なり、ライターが来店するという実態があるものの、ホールによっては特定の日(旧イベント日など)にライターを呼び大々的に告知しており、その内容がイベント示唆に当たるのでは、と言った内容だと思われます。

業界ブログ内の記事では「京都の警察」とありますが、京都は特に厳しい地域と言われています。
指導が入り、その流れが全国に波及していけば来店系イベントの開催も無くなるみたいですが果たしてどうなるでしょうか…?
2015年には動きがあるか?注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。